こんにちは!愛知県あま市の有限会社水野工業です。
弊社は、東海三県でダクト断熱工事・ダクト保温工事などを請け負っています。

今回は、『結露・凍結を防ぐ!ダクト断熱工事・ダクト保温工事の重要性』についてお話ししてみます。

ダクト断熱工事・ダクト保温工事の重要性

どういう場合に結露・凍結する?

現在の社会においてダクトはさまざまな施設に設置されています。
断熱工事や保温工事をしていないダクトは、外気の影響を受けやすくなり、結露が発生しやすくなってしまいます。

 

放置するとどうなる?

結露を放置するとダクト内に水が発生してしまい、さらに天井内などに水たまりができるリスクがあります。
そうなると腐食が進んだり、カビが発生したりしてしまいます。
また冬場などは結露が凍結してしまう危険性もあるでしょう。

 

ダクト断熱工事・ダクト保温工事の重要性とは

このように結露・凍結を防ぐためには、ダクト断熱工事・ダクト保温工事が欠かせません。
また断熱工事や保温工事を施していても、経年劣化が進んでいる可能性もあります。
定期的な点検やメンテナンスによって、健やかなダクト環境が保たれます。

名古屋市や清須市などの愛知県をはじめとした東海三県で、ダクト保温や配管保温などの保温工事を承っています。
ご依頼は、弊社までお気軽にお問い合わせください。
お待ちしています。

最後までご覧いただきありがとうございました。


断熱工事・保温工事・板金工事は名古屋・あま市の有限会社水野工業
〒490-1111 愛知県あま市甚目寺山王18番地
電話:052-445-7897 FAX:052-445-7898
※営業電話お断り

ただいま断熱工事・保温工事・板金工事スタッフを求人中です!