配管保温 板金工事

  • 配管 板金工事 施工後

  • 冷媒管 ラッキング 施工後

  • 冷媒管 ラッキング 施工後

  • 冷媒管 ラッキング 施工後

  • 機械室 難燃原紙 難燃仕上げ

  • 配管 メーター周りの ボックス板金工事

  • ダクトの板金工事

  • 冷水管 板金工事

配管保温 板金工事

保温工事に伴う板金工事は、配管を板金で保護する施工を意味します。
この工事をしないと、保温材や断熱材の機能が低下するおそれがあります。
保温工事や断熱工事の効果を長く保つという点で、板金工事は重要とされているのです。
ラッキングと呼ばれることの多いこの工事ですが、施工する箇所によってその内容は異なってまいります。

「外部の施工」
大型マンション、食品工場、大型飲食店などで行うことの多い施工です。
受水槽回りのステンレスラッキングや消火管や水道管、冷媒管のガルバリウムラッキング、工場ダクトのガルバリウムラッキングなどがあります。

「内部の施工」
ショッピングモールや教育施設などの空調ダクト、冷媒管、水道管などの施工を行います。
大型空調ダクトや室内に露出した内部ダクト、ポンプ室の配管など、場所や用途に合わせて保温材の設置とラッキングを行います。

「水道管の施工」
外部環境にさらされて劣化した水道管は、保温材の劣化や金属部の錆つきが目立ちます。
古い保温材を取り除いてから、新しい保温材で水道管を被覆し、金属部には錆止めを塗装します。
仕上げにステンレス鋼材によるラッキングを行います。

定期的な点検や修繕が必要

保温工事や断熱工事の効果を保つための板金工事ですが、やはり定期的な点検や修繕は必要です。
とくに風雨や紫外線にさらされる屋上をはじめとした屋外の配管に関しては、まめな点検や修繕がおすすめです。
どうしても屋外に配置されている配管のラッキングは、錆や腐食が早く進んでしまいます。
早めのメンテナンスであればラッキングを交換すればすみますが、配管本体まで腐食が進んでしまうと想定外の費用がかかってしまいますので、ご注意ください。
そういったことを防止するには、やはり定期的な点検が一番でしょう。

「そろそろメンテナンスの時期かもしれない」
そんなふうにご心配されている方は、ぜひ現地調査をご依頼ください。
調査をすることで、メンテナンスの規模が明確になります。
ご相談だけでも結構ですので、この機会にぜひお声がけください。
どのようなご相談にも丁寧に対応いたしますので、ご安心くださいませ。
皆さまからのご相談をお待ちしています。
名古屋市をはじめ東海三県での保温工事や断熱工事・ラッキングのご依頼は、愛知県あま市の有限会社水野工業にお問い合わせください。
最後までご覧いただきありがとうございます。

一覧に戻る

▲TOPへ