こんにちは!
愛知県名古屋市をはじめ、多くの地域で保温工事や板金工事を担っている有限会社水野工業です。

今回は、「保温・板金・断熱…配管を守る工事のいろいろ」についてご紹介します。

保温・保冷工事とは


保温工事の目的は、配管などを通す気体や液体などの温度をなるべく下げないということです。

一般的な工事方法は、グラスウールやロックウールなどの保温材で配管などを巻くというものです。

同様の工事として保冷工事についても、簡単にご紹介しておきましょう。
保温と保冷、真逆のようですが、基礎的な工法はだいたい同じです。

というのも、保冷工事は配管などを通す気体や液体などの温度を上げないということを目的にしているからです。

つまり、配管内を通す気体や液体などの温度を一定に保つという意味では、保温工事と同じといえます。

保冷工事の場合、一定の温度を保つという以外にも、防湿、結露防止、凍結防止という目的があります。


板金工事とは

 

配管などに巻いた保温材をカバーする役目を担うのが、板金工事です。
保温材は水分に弱いため、雨などに触れるとたちまち劣化してしまいます。

それを防ぐために、板金工事があります。
ステンレスやアルミ、カラー鉄板などの外装材で保護することを「ラッキング」と呼びます。

保温工事の後の板金工事は、快適な室内環境を守るために必要な工事です。


断熱工事とは

 

断熱工事を施す必要があるのは、家庭用・キッチンの排気ダクトやビル、マンションの火災の際に炎と煙を逃がすための排煙ダクトなどです。

ダクトを火や熱に強い断熱材で巻いて、耐熱性を高めます。
断熱工事を行うことで、火災時の安全を確保することにつながるのです。


保温工事や板金工事は有限会社水野工業へ!


ここまで、「保温・板金・断熱…配管を守る工事のいろいろ」というトピックでご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

本コラムを読んでお役立ていただければ、幸いです。

お困りごとは、保温工事や板金工事を得意としている有限会社水野工業まで、お気軽にお問い合わせください。


ただいま現場スタッフの求人募集中!


また、弊社ではただいま求人募集も行っております。
保温工事や板金工事は専門的な内容が多いようにも思えますが、未経験者の方にも充実の教育環境があるため、経験者の方はもちろん未経験者の方であっても安定して成長していくことができます。
必要なのは「この工事について学びたい!」「これから成長したい!」というやる気や好奇心です。

ぜひ一度、求人情報ページをご覧ください。

ここまでご覧いただきありがとうございました!




愛知県名古屋市などの保温工事・板金工事は有限会社水野工業
〒490-1111 愛知県あま市甚目寺飛殿87番地2
電話:052-445-7897 FAX:052-445-7898

愛知県、三重県、岐阜県対応します!
求人情報