こんにちは!
愛知県名古屋市・岡崎市・豊田市をはじめとし、全国各地でダクト保温や配管保温工事といった、各種保温保冷工事を手掛けております、有限会社水野工業です。
弊社では保温保冷工事のためのラッキング(板金工事)のご依頼も承っており、平成16年の創業以来、数々の施工に携わってまいりました。
プラントで行われている工事にはさまざまなものがありますが、保冷工事もそのうちの一つです。
そこで今回は、プラントで保冷工事を行う目的についてこの場をお借りしてご説明させていただきます。
プラントに必要な工事のことが知りたい方や、プラントの環境維持などが気になっている方はぜひご覧くださいね。

プラントで保冷工事はなぜ必要?

そのギモン解決します
そもそもプラントでなぜ保冷工事が必要なのかという点についてですが、答えは至ってシンプルです。
石油プラントや化学プラントをはじめとし、このような場所では気体や液体の温度を一定に保たなければなりません。
温度を下げないためには保温工事を、逆に温度上昇を防いだり、防湿、結露防止、凍結を防止するためには保冷工事を行います。
またこのように熱損失を防ぐことで、プラントの電気消費量・燃料消費量も節約できます。
コストを削減するだけでなく、地球温暖化等の対策としても保冷工事はなくてはならない工事だといえるでしょう。

プラントの保冷工事の注意点

プラントで保冷工事を行う上で注意していただきたいことを挙げるとすれば、工事を行う前に計画をしっかり立てておくということです。
そして、保冷工事そのものの計画をしっかり立てるのも大切なことではありますが、プラント全体の稼働スケジュールへの影響も考えなければなりません。
また実際にプラントで現地調査を行い、図面を確認しながら最適な施工方法を考えることも大切です。
現場調査が十分でないと工事がはじまってからスムーズに物事が進まない場合もあるので、業者に依頼する際は現地調査や打ち合わせの有無について、しっかり確認しておきましょうね。

断熱・保温・板金工事は水野工業で!

プラントの保冷工事
プラントで保冷工事を行う目的とあわせて、保冷工事の注意点も一緒にお伝えいたしましたが参考になりましたでしょうか。
水野工業では多くの実績に裏付けられた高度な技術を駆使して、断熱・保温・板金工事、どの分野においても安心・安全な施工を皆様にお届けいたします。
大がかりなプラントでの工事についてもこれまでのノウハウを生かし、スムーズにご対応いたしますので、ぜひごご相談くださいね。

未経験大歓迎!親身に指導いたします

現在弊社では断熱・保温・板金工事のスタッフとして勤務したい方を募集しております。
未経験からの挑戦も大歓迎、親身に指導いたしますので、現場仕事がはじめての方もぜひお気軽に求人へとご応募ください。
それでは最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。


断熱工事・保温工事・板金工事は名古屋・あま市の有限会社水野工業
〒490-1111 愛知県あま市甚目寺山王18番地
電話:052-445-7897 FAX:052-445-7898
※営業電話お断り

ただいま断熱工事・保温工事・板金工事スタッフを求人中です!