こんにちは!名古屋市をはじめとした愛知県などの東海三県で保温工事、断熱工事からラッキング工事までを一貫して手がけている有限会社水野工業です。
平成16年の設立以来、地域に根ざし、業務を拡大してまいりました。
保温工事に使用される保温材として、ロックウールとグラスウールがあげられます。
今回は、ロックウールとグラスウール、それぞれのメリットについてお話しいたしましょう。

歴史ある商材ロックウール


昭和13年に工業化され、建築物の保温や防火・耐火材にも豊富な実績をもつロックウール。
玄武岩などの天然岩石を主原料とした人造鉱物繊維です。
パイプ状やボード状など、用途に合わせてさまざまな形状で製品化されています。
きわめて細かい繊維で、その隙間に大量の空気を含み水が入りにくいため、保温や保冷の素材として優れた性能を発揮します。
水をはじくので結露を防ぎ、土台の腐食や白アリの発生を抑えるというメリットも重要なポイントです。
また、カッターで簡単に切断でき、取り扱いも容易なことから、現場作業もスムーズであるといえるでしょう。

地球にやさしいグラスウール

グラスウールはガラスを原料として繊維化したもので、機能面、経済面、環境面などにおいて多くのメリットがある商材です。
細いガラス繊維の間に空気を閉じ込めることで、空調ダクト、給排水管の保温・保冷材として高い断熱性能を発揮します。
空調ダクトそのものが軽量なグラスウールでできている「グラスウールダクト」を使用すると、工期を短縮することができるというメリットもあります。
また、グラスウールの原料となるガラスの8割以上は、資源ごみとして回収されたものを使用しているため、施工時に出る端材なども繰り返し利用でき、地球にやさしい素材であるといえるのです。

水野工業へご相談ください!


有限会社水野工業では、保温や保冷といった機能性を施す保温工事、断熱工事を請け負っております。
多数の施工実績を積んできた専門業者としての強みを活かし、高品質の施工をご提供いたします。
配管の保温工事をお考えのかたは、お気軽にお問い合わせください。
弊社では、随時新規受注をおこなっております。
お電話もしくはホームページのメールフォームよりご連絡をお待ちしております。
最後までご覧頂き誠にありがとうございました。


断熱工事・保温工事・板金工事は名古屋・あま市の有限会社水野工業
〒490-1111 愛知県あま市甚目寺飛殿87番地2
電話:052-445-7897 FAX:052-445-7898
※営業電話お断り

ただいま断熱工事・保温工事・板金工事スタッフを求人中です!