こんにちは!有限会社水野工業は、愛知県あま市を拠点として、保温工事、断熱工事からラッキング工事までを一貫して手がけている会社です。
名古屋市をはじめとした愛知県などの東海三県で受注をおこなっております。
断熱工事にはさまざまな目的があり、冬場の冷え込みが厳しい地域において、水道管の凍結を防ぐためにおこなう場合もあります。
今回は、配管の凍結を防ぐための断熱工事についてお話しいたしましょう。

凍結は断熱工事で防ぐことができる


水道管は氷点下になると凍結しやすいといわれており、寒さの厳しい地域では、配管内の水が凍ることが多々あります。
配管が日陰になっていたり、風が強かったりする場所では、凍結しやすいだけでなく、一日中凍ったままで水が使用できなくなります。
特に屋外に露出している水道管は要注意です。
断熱工事をおこなうことによって配管を保温し、管内水温が0℃以下になることを防ぐことができます。

配管の凍結を防止する断熱工事の内容

凍結防止の断熱工事は、保温材をつけることが大切です。
その上から保温チューブを巻くような施工をおこないます。
保温チューブにはさまざまな種類があり、管路の断熱・保温に効果を発揮します。
さらに寒さの厳しい地域では、配管に凍結防止帯(配管に巻くヒーター)を巻き、その上に保温材や保温チューブを巻くような施工が効果的です。

凍結防止帯とは?

凍結防止帯とは、配管に巻くヒーターです。
水道管の温度が一定まで下がると自動的にスイッチが入り、上昇すると切れる仕組みなので、電気代の心配はいりません。
施工には数々の注意点があり、設置を誤ると火災や漏電、異常過熱の原因にもなるため、専門業者に依頼する必要があります。
凍結を防ぐための断熱工事は、信頼のおける専門業者に依頼しましょう。

水野工業へご相談ください!


有限会社水野工業では、断熱工事や空調用ダクトなどのラッキング工事、保温工事、遮音工事などを請け負っています。
配管の凍結防止のための断熱工事も、お客様のニーズにお応えし、丁寧に施工いたします。
随時新規受注をおこなっておりますので、配管の凍結などでお悩みのかたは、弊社までご連絡ください。
お電話もしくはホームページのメールフォームからお問い合わせが可能です。
ご連絡お待ちしております。
最後までご覧頂き誠にありがとうございました。


断熱工事・保温工事・板金工事は名古屋・あま市の有限会社水野工業
〒490-1111 愛知県あま市甚目寺飛殿87番地2
電話:052-445-7897 FAX:052-445-7898
※営業電話お断り

ただいま断熱工事・保温工事・板金工事スタッフを求人中です!