こんにちは!平成16年の設立以来、愛知県あま市を拠点として、保温工事、断熱工事からラッキング工事までを一貫して手がけている有限会社水野工業です。
弊社は、名古屋市をはじめとした愛知県などの東海三県で受注をおこなっております。
断熱工事にはさまざまなものがありますが、風雨にさらされている配管にはラッキング工事が必要です。
今回は、配管のサビや劣化を防ぐためのラッキング工事についてお話しいたしましょう。

ラッキング工事の目的は?


給水、給湯などの配管、空調用ダクトに使用される板金工事をラッキングといい、ラッキング工事は保温材を保護する目的でおこなわれます。
ステンレスや鋼板製のカバーを施すことで風雨や紫外線、外部の衝撃から給排水管を守り、対候性を高めるのです。

定期的な点検や修繕が必要

断熱工事の際、ラッキング工事までおこなうことで保温材を保護することができます。
ただし、ラッキング材も金属であるため、経年劣化によるサビや腐食に気配りしなければなりません。
特に風雨にさらされている配管は、サビの発生や腐食の進行がはやくなります。
そのようなことから、定期的な点検や修繕が必要なのです。
点検や修繕を怠ると、配管に雨水が浸透してサビや腐食が発生し、配管そのものの交換が必要になってしまいます。
大きな修繕工事にならないよう、定期的に点検し、少しずつ修繕しておきましょう。

ラッキング工事には技術が必要

ラッキング工事をおこなっている業者はたくさんありますが、ラッキングの技術によって効果に差が出ます。
配管の形状はさまざまで、それに沿って隙間なくラッキングすることが重要です。
経験豊富な業者であれば確かな技術を保持し、風雨や紫外線、外部の衝撃から配管や断熱材を守るために、高精度な施工をおこなってくれるでしょう。

水野工業へご相談ください!


有限会社水野工業では、断熱工事からラッキング工事までを一貫して請け負っております。
遮音工事なども含めて、随時新規受注が可能です。
屋外の配管における断熱、ラッキング工事、その後の点検や修繕も弊社におまかせください。
いずれの工事においても、確かな技術で高精度な施工をご提供いたします。
お問い合わせは、お電話もしくはホームページのメールフォームからご送信ください。
最後までご覧頂き誠にありがとうございました。


断熱工事・保温工事・板金工事は名古屋・あま市の有限会社水野工業
〒490-1111 愛知県あま市甚目寺飛殿87番地2
電話:052-445-7897 FAX:052-445-7898
※営業電話お断り

ただいま断熱工事・保温工事・板金工事スタッフを求人中です!