こんにちは!愛知県名古屋市やあま市を中心に、東海三県はもちろん全国で保温工事、断熱工事、ラッキング工事を行っている有限会社水野工業です。
弊社は、多くのお客さまに対応してきた経験を活かして、理想的な施工をご提案するよう努めております。
保温工事はさまざまな場所で活躍しています。
建物の天井裏にあるダクトにも、保温工事が必要なのはご存じでしょうか。
今回はダクト保温工事についてご紹介いたします。

そもそもダクトとは?

ダクトとは、建物内に風が入るための設備です。
建物内に空気の通り道をつくります。
マンションやビル、ショッピングモールや病院などにも必要なものです。
ダクトには、空調機でつくられた冷気や暖気など運び、室内を適温に保つ役割があります。
さらに新鮮な空気を取り入れて、よどんだ空気を出す役割もあります。
快適な室内空間をつくるために、ダクトは必要不可欠な存在なのです。

ダクトを保温する意味

冬は外気温が低いので、暖房で部屋を暖めます。
その際にダクトを保温していないと、暖房から出てきた空気は建物内に届く前に冷えてしまいます。
そうならないために、ダクトを保温して温かい空気を建物内に届くようにするのです。
また、きちんと保温することによって、暖房器具から建物内に暖気を運ぶときのエネルギーロスを減らせるので、空調の効率化にもつながります。
これは夏場の冷房でも同じです。
またダクトの保温は、温度差で発生する結露を防ぎ、建物の柱や天井などの劣化を防ぎます。

使用する断熱材の種類

ダクト保温工事に使用する断熱材として、グラスウールとロックウールが挙げられます。
グラスウールは、ガラス繊維でできた綿状の素材です。
見た目は綿のように見えますが、触るとチクチクします。
一方のロックウールは、鉱物からつくられるボード状やマット状の人造繊維です。

水野工業へご相談ください!

現在弊社では、ダクト保温工事をはじめとした保温工事全般を承っております。
経験豊富なスタッフがお客さまの立場に寄り添って施工を行います。
どんなに小さい仕事でも、担当スタッフが誠意を込めて対応いたしますので、保温工事でお困りの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。
お電話かホームページのメールフォームからのお問い合わせをお待ちしております!
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。


断熱工事・保温工事・板金工事は名古屋・あま市の有限会社水野工業
〒490-1111 愛知県あま市甚目寺山王18番地
電話:052-445-7897 FAX:052-445-7898
※営業電話お断り

ただいま断熱工事・保温工事・板金工事スタッフを求人中です!