愛知県名古屋市をはじめ、岐阜県や三重県などでも活動する有限会社水野工業。
保温工事のプロである私たちが、その重要性について解説いたします!

ダクト保温・配管保温はなぜ必要?

マンションやビルなどで冷暖房を使用する際、一般的にはその冷気や暖気は長いダクトを通って各部屋に運ばれていきます。
もし保温工事を行なっていないダクトであれば、空気が到着する前に冷気が暖まってしまったり、暖気が冷めてしまう可能性があります。
こうなると冷暖房効率が格段に悪くなってしまい、光熱費の負担が増してしまいます。

また、ダクトや配管に保温工事を施していない状態で冬場に暖房を使用すると、結露が発生し、カビ・ダニの繁殖や建物の腐食などのトラブルに繋がってしまいます。
これらの事情があるために、マンションやビルなどでは保温工事が不可欠なのです。

保温工事に使われる保温材の種類

ここでは、簡単に保温材の種類をご紹介いたします。
・グラスウール
・ロックウール
・ラッキング
主にこれらの保温材を現場に合わせて使い分けております。

保温保冷工事は有限会社水野工業におまかせを!

施工のプロとして、各設備を安全に稼働させるべく、長年培った確かな技術と経験を用いた適切な施工をご提供いたします。
東海三県に限らず、ご用命とあらば静岡県やその他のエリアのみなさまからのご依頼にも対応可能です。

ご相談からでも構いませんので、ご入用の際はお気軽にお問い合わせください。
みなさまからのご連絡を心よりお待ちしております。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 


断熱工事・保温工事・板金工事は名古屋・あま市の有限会社水野工業
〒490-1111 愛知県あま市甚目寺山王18番地
電話:052-445-7897 FAX:052-445-7898
※営業電話お断り

ただいま断熱工事・保温工事・板金工事スタッフを求人中です!