/wp-content/uploads/main.png

愛知県あま市の有限会社水野工業です。

あま市の有限会社水野工業は、ダクト保温・配管保温などの各種保温工事を手がけています。名古屋市内を中心に、愛知県・三重県・岐阜県といった東海三県で活動しております。
 
弊社では主にダクト保温工事や配管保温工事を取り扱っております。また、付随する遮音・断熱・ラッキング(板金)工事にも対応いたします。
配管保温のプロフェッショナルチームとして、地域密着型で幅広いニーズにお応えします。熟練した有資格者が、現状に応じて最適な施工を提案・実現いたします。
 
お問い合わせから工事完了まで一貫して承ります。問題や気になる点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

配管保温工事について

配管保温工事では、空調設備や衛生設備などの配管に適切な保温を施します。温度を保ち、結露や凍結などを防ぐ効果が期待できます。機器本来の性能を発揮できるようになり、省エネ効果にもつながります。

「保温工事やラッキング工事はどこに頼めばいいんだろう?」
「実際の工事にかかる見積もりを知りたい!」
「技術面で評価のある会社に頼みたい!」

このような要望がございましたら、愛知県あま市の有限会社水野工業にお任せください。保温工事のエキスパートが、機能性・耐久性・安全性すべてを兼ね備えた施工でご期待にお応えします。

ダクト保温工事について

工場やマンション・ビルなどの大きな建物では、断熱材の巻かれていないダクトを使用すると不利益が生じます。暖気は冷え、冷気は暖まるという悪循環が発生し、結果的に光熱費の膨張にもつながってしまいます。また、ダクト表面に結露が発生すれば、シミ・カビ・ダニといったトラブルを招く恐れもございます。
 
こうした事態を未然に防ぐためにも、愛知県あま市の有限会社水野工業によるダクト保温工事をご検討ください。これまでプラント・工場などを中心に数多くの実績を重ねております。前回の施工から長期間が過ぎていても、安心してご相談ください。

板金工事 ラッキングについて

板金(ラッキング)とは、給湯管など配管をはじめ、空調用ダクトなどで使用される配管板金工事のことです。
保温・保冷工事で配管に巻いた保温材の上から、さらに薄い金属を巻くことをいい、配管や保温材を保護するという役割があります。
 
ラッキング材は金属のため、経年劣化による腐食が起こりますので、定期的な点検や修繕が必要です。
配管設備は建物内に張り巡らされており、1ヶ所で起きた部分的な不具合でも、配管全体に影響を及ぼします。そのため、どんなに小規模で簡単な工程であっても妥協は決して許されません。丁寧、安全に施工いたします。

BLOG

コラム