こんにちは!
愛知県名古屋市を中心に、各地で保温工事や板金工事を請け負っている有限会社水野工業です。

今回は、「配管の板金工事が欠かせない理由について」ご紹介しましょう。

配管の保温工事

配管の保温工事とは、配管内を通るガス、蒸気、熱水などの温度が下がらないようにするための工事です。

グラスウールやロックウールなどの保温材を配管に設置します。

その保温材をカバーするためにステンレスやアルミ、カラー鉄板などの外装材を設置することを保温板金工事といいます。

配管の板金工事が欠かせない理由!?


 
保温材は水分に弱いため、水分に触れる環境下では劣化のスピードが速くなってしまいます。

たとえば工場などでは、蒸気や熱水などを使用する頻度も多いため、どうしても保温材が水分に触れてしまいます。

そのまま放っておくと、劣化してしまった保温材のカスが製造ラインなどに落ちてしまうこともあるため、板金工事は欠かせないのです。

また外部にあるタンク機器や設備に保温工事を施工する場合には、雨などから保温材を守るためにも板金工事は欠かせません。

また火や熱に強い素材を使用することで、火災時などに燃えにくくなるという利点もあります。

保温工事や板金工事は有限会社水野工業へ!

ここまで、「配管の板金工事が欠かせない理由」という話題でご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

水道管や給湯管といった生活配管や、空調用ダクトなどを板金で守る工事は、室内環境を維持するために欠かせない工事です。

弊社では、保温工事から板金工事までを一手に引き受けております。

保温工事や板金工事のご用命は、有限会社水野工業までお声がけください。
まずはお気軽にご相談ください。

ただいま現場スタッフの求人募集中!

また、弊社ではただいま求人募集も行っております。
保温工事や板金工事は専門的な内容が多いようにも思えますが、未経験者の方にも充実の教育環境があるため、経験者の方はもちろん未経験者の方であっても安定して成長していくことができます。
必要なのは「この工事について学びたい!」「これから成長したい!」というやる気や好奇心です。

ぜひ一度、求人情報ページをご覧ください。

ここまでご覧いただきありがとうございました!


断熱工事・保温工事・板金工事は名古屋・あま市の有限会社水野工業
〒490-1111 愛知県あま市甚目寺山王18番地
電話:052-445-7897 FAX:052-445-7898
※営業電話お断り

ただいま断熱工事・保温工事・板金工事スタッフを求人中です!